眠れる森のフリーランス

2016年9月からフリーランスのライターなどしてます

自信がないって言わないようにしている

正社員でも派遣社員でも、対面で仕事できるときは、「自信ないんですけど、やってみます(やってみました)」と結構言ってしまってたけど、ランサーズでメッセージのやり取りをするときは、そういった文章を書きかけてやめている。

メールは相手の感じがわかりにくいし、相手も私のことがわからないから、どういった距離感や、雰囲気で接したらいいのだろうと初めは思っていたけれど、そういうことを考えずに、素直に仕事だけしたほうが、といいのかなと思った。

思い切って納品して、不安な点は補足メッセージするくらいで、無駄なことを書かないようにした。

これまでの会社員時代は、メールを打つとき相手の顔を思い浮かべて、「風邪をひいてた」「飲み会があった」とかいろいろ慮って、丁寧というかすごく時間をかけてメールを打っていたので、今はすごくさっぱり。というか相手がどんな人かわからないからそういうことが送れないのだけど。

 

私は常日頃から自信がないほうなので、相手に何か言われれば素直に受けとめ、落ち込み、反芻し、また日に何回か落ち込む。

話をして言いたいことがあると、いろんな補足をつけながらたくさん話す。そうじゃないと相手に理解されないのでは、わかってくれないのではないかと不安になる。

接してくれてる人は「よつださんはこういう人だ、挙動不審だけど悪い人ではない」と(多分)理解して、温かい目で見守ってくれたり、「そんなに心配しなくても大丈夫」とフォローしてくれたりする。

 

メールでのやり取りだけだとそれがない。不安だけど、思い切ってやればいいのかなと最近は思えてきた。

何か納品するときに、「ちょっと自信ないんですけど・・・」って言って送っても、相手は「じゃあ自信あるの送ってよ」となるだろうし、相手を悩ませる表現を使うくらいなら、何も書かずに送った方がいいのかなと思って、バンバンメッセージ送ってる。

 

でも本当は怖いから、送信ボタン押すときに目をつぶって押してる。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村