眠れる森のフリーランス

2016年9月からフリーランスのライターなどしてます

上司とデュエット!?とりあえず覚えておくと便利なデュエットソング3選

最近、Lancersでライティングのお仕事を受けていますが、まとめサイトの記事作成が結構多いです。

中にはまとめサイトを参考にまとめサイトを作ったりして、なんか熱量とか純度とかどんどん薄まった記事が大量生産されているこの現状にポイズン。

とは言っても、そんな薄い記事でも収入を得られる現代は、ある意味ありがたいのかもしれません。

ということでこの2ヶ月得た「まとめサイトっぽいノリ」で、正社員・派遣社員時代に培った「定番のデュエットソング」を紹介します!

 

↓こちらもおススメです。

nemure.hatenablog.com

 

「デュエットソング3選」って少なくない?

3曲歌えれば大丈夫!

多分3つ以上歌えると、デュエットばっかりリクエストされて疲れます。

1曲だけでもいいかもしれないくらいです。

 

この選曲だと30代の上司はダメでは?

30~45歳の上司はデュエットをあまり強要しない傾向です。

私自身は30代で、デュエット好きな上司はバブル期より上、部長とかそれ以上の印象です。

若い人向けのデュエットとかあれば知りたいです。

 

とりあえず覚えておくと便利なデュエットソング3選

 

・低音、バラード!「ロンリーチャップリン/鈴木聖美 with RATS & STAR」

www.youtube.com

1987年の曲です。27歳にして初めて聞いた曲です。

上司が「ロンリーチャップリン歌えないの!?」とガッカリした様子だったので、「知らなくて申し訳ない…!」と感じてしまった、運命のデュエットソング。

自分にとって大切な1曲です。

女性も低音なので、地声みたいな感じになってしまいますが、ゆっくり歌えていいですね。

 

あと、お二人は兄弟とのことです。

鈴木聖美と弟でラッツ&スターのリーダーである鈴木雅之デュエットソングである。 (Wikipediaより)

 

・83年生まれも知ってる「愛が生まれた日/藤谷美和子大内義昭

www.youtube.com

ちょっと女性らしさを出したいバラード(いや、ロンリーチャップリンもいいのですが)だったら、こちら!

1994年のヒットソングです。

わたしは83年生まれなのですが、この曲がヒットしたのはなんとなく覚えていて、「サビは歌えるけど他は・・・」という感じでした。

なので、ロンリーチャップリンよりも歌いやすいかったです。あと、可愛い声が出しやすいので、そこも女子アピールしやすいです。

作詞は「秋元康」!さすが手広いですね。

 

・明るく盛り上がる曲!「ふたりの愛ランド / 石川優子チャゲ

www.youtube.com

1984年の曲です。

夏がもちろん合うのですが、ムンムンのカラオケボックスでも楽しいですね。

 

うちの研究室の教授みたいな地味な人がこんな曲を歌うなんて、えっ、チャゲアスチャゲなの!?みたいな気持ちになります。

でも、カラオケはノリノリで歌いたい!という人には断然!おススメソングです。

 

たまにはデュエットしてあげるのもいいよ!

「このセクハラとか言われる時代に、デュエットとかありえん!」とか思わないでもないです。

本気で嫌だったら断った方がいいですが、断るのもあれだしな~くらいの気持ちなら、1曲くらい歌うのもアリかなと思います。

それでなにかがエスカレートしたら嫌ですが・・・

 

私は本当にデュエット曲の魅力や人気を知らなかったので、新しい世界を見た気がします。

自分は普通のパートを歌えばよくて、男性がハモってくれたりするところも、「身を任せればいいのか」と、ちょっと感動しました。

デュエットなら下手だったり、音程を忘れても、フォローしてくれることが多く、上司を見直すこともあります。

ぜひこれを機にデュエット曲に挑戦してみてはいかがですか?